MENU

昭和46年、糖尿病を重点的に治療するため、前院長 西詰 吉隆が西詰内科診療所を開業。

姫路を中心に遠くは、佐用町・宍粟市・赤穂市から、20年~30年通院の患者さんも少なくありません。
神戸・明石・加古川からの患者さまもいらっしゃいます。
治療の基本は生活習慣病ですので、食事・運動療法が基本となります。そして何よりも「糖尿病治療の実施者は患者であるあなた自身」なので、患者さまを教育し、名医に仕立て上げ、その患者さまが自身の治療をされるという信念に基づいて患者教育を行っています。

食事療法・運動療法・インスリン注射・低血糖の処置・血糖自己測定(約100名が行っておられます)など、すべて患者さま自身が実行されています。
石見院長が医院継承した後も前院長の遺志を継ぎ、生活指導を軸に据えた治療を継続して行っています。

院長 石見 鈴子

日本内科学会認定総合内科専門医・日本糖尿病学会認定専門医

平成27年1月10日より西詰医院院長就任し、毎週金曜日は佐用共立病院にて外勤しています。
より多くの患者さんに、「糖尿病であっても元気で長生き」していただくため日々奮闘中です。

前院長 西詰 吉隆

(旧、県立)神戸医科大学卒・医学博士

公立御津病院副院長・波賀町診療所長等を経て、昭和46年に西詰内科診療所を開業。
患者教育に重点をおいた診療に従事し、生涯現役を貫きましたが平成27年1月に永眠(享年88歳)。

©2019 糖尿病内科西詰医院